海外FX

海外FXはハイレバレッジ+スキャルピングで最速億り人

FX業者には日本国内FX業者と海外FX業者の2つがあります。日本国内FX業者ではできないことが海外FX業者ではできるということもあり、最近では海外FX業者を選ぶ方も増えているようです。

実際に与沢翼さんのように海外FX業者で億万長者になっている方もいるのですが、海外FX業者を利用して最速でいわゆる億り人を目指すのであればハイレバレッジ+スキャルピングがおすすめです。

もともとスキャルピングは儲かりやすい

FXのトレードスタイルにもいくつかの選択肢があるのですが、その中でもスキャルピングは儲かりやすいFXのトレードスタイルだと言えるでしょう。FXのトレードスタイルの中でも、もっとも儲けやすいと断言している方もいるほどです。

もちろん、インターネット上では「スキャルピングは儲からない」といった意見を見かけることもあるのですが、現実としてスキャルピングでたくさんの儲けを出している方も多いのです。実際に、数百万という資金を数年で億にしたという億り人もいるのです。

スキャルピングで儲からないのは、まったく知識がない状態で始めた場合でしょう。スキャルピングについてきちんと理解をして、勉強をし続ければスキャルピングが儲かりやすいトレードスタイルであることに気づくはずです。

そもそもスキャルピングとは?

さっそくですが、そもそもスキャルピングとはどのようなトレードスタイルなのでしょうか?スキャルピングというのは、小さな利幅を何度も積み重ねていくスタイルのトレードになります。

そのため、スキャルピングでのトレード時間というのはたったの数分から10分ほどで終わってしまいます。中期や長期のトレードとは違って、本当の隙間時間で稼ぐことができるトレードスタイルなのです。

スキャルピングのメリットとしては、以下の2点が挙げられます。

・負けにくい
・簡単に始められる

スキャルピングは1回のトレードがとても短時間で終わるので、負けにくいのが特徴です。少しでも利益が出たらそこで利益を確定させることができるので、含み益だったのに含み損になってしまうといった心配もないのです。

スキャルピングについて事前にしっかりと勉強をしておく必要はありますが、隙間時間で始められるので初心者の方にとっても手を出しやすい部分もあります。

一方で、いわゆる薄利多売のような感覚でおこなっていくことになりますので、元手となる資金が少ないと儲かりにくい傾向にあります。しかしながら、海外FX業者であれば高いレバレッジが期待できますので、スキャルピングでも億り人を目指すことができるというわけです。

海外FX業者がスキャルピングに向いている秘密とは?

海外FX業者はスキャルピングに向いていると言われているのですが、実はそれには秘密があるのです。その秘密というのは、以下の2点です。

・レバレッジが高い
・追証がない

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

レバレッジが高い

海外FX業者というのは日本国内FX業者と比べたときに、レバレッジがかなり高くなっています。

海外FX業者:最高レバレッジ3000倍
日本国内FX業者:最高レバレッジ25倍

このような感じになっていますので、ハッキリ言ってレバレッジに関しては本当に比にならないレベルです。海外FX業者であれば日本国内FX業者では比べ物にならないくらいのハイレバレッジが可能となっていますので、スキャルピングのような少ない利幅でも、十分な利益を得られるというわけです。

タイトルの通り、まさにハイレバレッジ+スキャルピングで最速億り人を目指せるのです。

追証がない

FXをおこなっていれば運用資金以上の損失が出ることもあります。そういった場合に、追加でお金を支払わなくてはいけないのが追証です。

日本国内FX業者では追証があるのが当たり前ですので、大暴落の際には追証で多くのお金を失ったという方が続出しました。もちろん、追証がある限り、今後もそういう事態が発生する可能性は大いにあるわけです。

大暴落などが起こったときのことを考えるとただただ恐ろしい追証なのですが、海外FX業者であれば追証なしというケースがほとんどです。というのも、海外FX業者においては発生した追証をFXトレーダーの代わりにFX業者が肩代わりするゼロカットシステムが採用されているのです。

追証があると借金を背負うリスクが常に出てくるのですが、海外FX業者であればそのリスクがありません。だからこそ、ハイレバレッジでのスキャルピングにも向いているというわけです。

ハイレバレッジのスキャルピングのためにどう海外FX業者を選ぶか?

日本国内FX業者では比べ物にならないくらいのハイレバレッジが可能な海外FX業者は、スキャルピングとの相性が抜群です。ただ、だからといって海外FX業者であればどこでもいいというわけではありません。

ハイレバレッジのスキャルピングのために海外FX業者を選ぶ際には、いくつかのポイントがあります。

・スプレッドが狭いところを選ぶ
・スプレッドが広がりにくいところを選ぶ
・スリッページの起こりにくいところを選ぶ

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

スプレッドが狭いところを選ぶ

スプレッドというのは、売買に必要となってくる手数料のことを指します。スキャルピングはトレード回数が多くなりますので、このスプレッドがより重要になってきます。

儲けても手数料で持っていかれるのでは意味がありません。特に、ハイレバレッジのスキャルピングで億り人を目指していくのであれば、余計な手数料はなるべく抑えるようにしましょう。

スプレッドが広がりにくいところを選ぶ

スキャルピングをおこなう際には、先でもお話しましたようにスプレッドが重要なポイントになってきます。スプレッドが狭いところを選ぶのはもちろんなのですが、そのスプレッドが広がりにくいところを選ぶことも大切です。

というのも、スプレッドというのは変動するものでもあるのです。例えば、1日の中でも売買が少なくなる日本時間の朝の6時から7時にかけてはスプレッドが広がりやすいのです。

このような広がりはどこの海外FX業者でも起こり得るのですが、広がりやすいところもあれば広がりにくいところもあるのです。事前にしっかりとリサーチして、広がりにくいところを選ぶようにしましょう。

スリッページが起こりにくいところを選ぶ

スリッページというのは、注文するときの価格と実際に約定したときの価格の差のことを指します。注文画面で表示されている価格と実際の約定価格が違うとなってくると、やはりFXも思うようにはいきません。

しかも、スリッページというのは基本的にFXトレーダーにとって不利な形でしか起こらないものです。そのため、スリッページが起こりやすい海外FX業者だと仮にスプレッドが狭くてもなかなか利益を得られないのです。

スリッページが起こりやすいのか起こりにくいのかは、それぞれのFX業者の平均約定率をチェックすればわかるようになっています。平均約定率は最低でも95%はあるところを選ぶといいでしょう。

海外FX業者におけるハイレバレッジ+スキャルピングの注意点

海外FX業者においてハイレバレッジ+スキャルピングで億り人を目指すのであれば、2つの注意点を意識しておきましょう。

・スキャルピングの規制がない海外FX業者を選ぶ
・大きく負けないようにする

それぞれについて詳しく見ていきたいと思います。

スキャルピングの規制がない海外FX業者を選ぶ

意外に思われるかもしれませんが、スキャルピングというのはFX業者によっては禁止されているトレードスタイルでもあります。スキャルピングが禁止されているFX業者でスキャルピングをおこなってしまうと、口座が凍結されて出金できなくなってしまいます。

それだけではなく、ゼロカットシステムの適用外となり、莫大な追証が発生する可能性もあるのです。とにかく不利益が出てくる可能性が高いのです。

基本的に海外FX業者であれば、ほとんどのところでスキャルピングが可能となっているはずです。ただ、海外FX業者であればどこでもスキャルピングOKというわけではないので、その点は注意しておきましょう。

特に、ハイレバレッジ+スキャルピングで勝負するのであれば、より強く意識していきたい部分です。

ちなみに、日本国内FX業者はスキャルピング禁止となっているところが多いです。そういう意味でもスキャルピングをするのであれば、海外FX業者のほうがいいのです。

大きく負けないようにする

スキャルピングは少しでも利益になれば決済することになりますので、勝ちやすいトレードスタイルでもあります。ただ、その一方で小さく勝って、大きく負けるということも起こり得ます。

1度大きく負けてしまうと、それまでコツコツと積み重ねてきた利益をすべて失ってしまう可能性もあります。そのため、大きく負けることがないようにロスカットラインを絶対に入れるなどの対策をしておきましょう。

ハイレバレッジ+スキャルピングで勝負するのであれば、やはり大きく負けないことはより重要になってきます。ただ、しっかりと勉強をして、長い目で見て勝負していけば大きな負けは避けられるはずです。

ハイレバレッジ+スキャルピングのコツとは?

海外FX業者においてハイレバレッジ+スキャルピングで最速の億り人を目指す上で、押さえておきたいコツがいくつかあります。

・値動きの小さな通貨ペアで取引をする
・1分足から5分足をメインチャートにする
・損切りラインと利確ラインを設定する

基本的にはこの3つなのですが、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

値動きの小さな通貨ペアで取引をする

ハイレバレッジのスキャルピングでは、円やドル、ユーロなど値動きが小さな基軸通貨同士のペアで取引するのがいいと言われています。というのも、値動きが安定している通貨ペアはスプレッドが小さいのです。

取引コストを抑えることもできますし、レバレッジを使って取引量を増やすことができますので、仮に値動きが小さくとも効率的に利益を増やしていくことができるのです。値動きが安定しているからこそ、レートが飛ぶことも少ないですし、ロスカットのリスクも減らすことができるのです。

1分足から5分足をメインチャートにする

基本的に時間足を使ってチャートを見ながら取引をおこなっていくことになるのですが、このときに使う時間足は、1分足から5分足をメインチャートにするといいでしょう。時間足1分だと予測できない動きも出てきますので、5分足も合わせて使っていくと安心です。

スキャルピングはトレンドに左右されない取引ができるのですが、エントリーするときには4時間足や日足などの時間足も確認しておきましょう。トレンドを把握した上でエントリーすることによって、スキャルピングだけではなく、他の取引方法への変更もしやすくなります。

損切りラインと利確ラインを設定する

損切りラインと利確ラインの設定も大切です。経験が浅い方だと損大利小で設定してしまうことが多いのですが、勝つためには損小利大に設定しなければいけません。

そのときの値動きの状況に合わせて利確ラインと損切りラインを調整していくようにしましょう。こういった部分に限らず、FXで勝つためには臨機応変な対応が必要になってきます。

こういったコツを押さえた上で、ハイレバレッジ+スキャルピングを実践していけば億り人も夢ではないのです。もちろん、そのための勉強も日々欠かさないようにしておきましょう。

まとめ

ハイレバレッジ+スキャルピングというのは、海外FX業者だからこそできることでもあります。リスクも大きくはなりますが、リスクが大きいからこそ成功したときのリターンも大きくなるのです。

もともとハイレバレッジが可能な海外FX業者とスキャルピングというのは、とても相性がいいことでも知られています。最速で億り人を目指すためにも、ハイレバレッジ+スキャルピングで勝負していきましょう。

もちろん、ハイレバレッジ+スキャルピングというのはまったくの知識がない状態で成功できるようなものではありません。日々の勉強も忘れないように。

まとめ

海外FX業者だからこそできるハイレバレッジ+スキャルピングで億り人を目指そう!