海外FX

日本国内FX業者と海外FX業者のメリット・デメリット

FX業者というのは、日本国内FX業者と海外FX業者にわけることができます。基本的に一概にどちらがいいとは言えないのですが、やはりそれぞれにメリットとデメリットがあります。

国内FX業者と海外FX業者のどちらを選ぶのかを考えるときにも、やはりメリットとデメリットについてはきちんと理解しておいたほうがいいでしょう。

日本国内FX業者のメリットとは?

まずは、日本国内FX業者のメリットについて見ていきましょう。

税率が低い

意外に思われるかもしれませんが、日本国内FX業者の税率というのは海外FX業者と比べると低い傾向にあります。というのも、海外FX業者は稼げば稼いだ分だけ税率が上がるのですが、日本国内FX業者であればいくら稼いでも20%ちょっとなのです。

この税率の低さというのは、日本国内FX業者における最大のメリットと言えるでしょう。

スプレッドが狭い

もともと日本国内FX業者というのは、海外FX業者と比べたときにスプレッドが狭い傾向にあります。これも当然メリットになってきます。

ただ、そのスプレッドの狭さが見た目だけという可能性もゼロではありません。

出金に手間がかからない

日本国内FX業者であれば、出金の際に手間がかかりません。出金依頼の次の日には口座に振り込まれていると考えれば、これ以上の手軽さはないでしょう。

海外FX業者を利用していると海外送金になってしまいますので、どうしたって手間がかかってしまうのです。

日本国内FX業者のデメリットとは?

次は、日本国内FX業者のデメリットについて見ていきましょう。

追証がある

おそらくこの追証が日本国内FX業者におけるもっとも大きなデメリットになってくるかと思います。追証というのは追加の証拠金のことなのですが、この追証によってとんでもない大きさの借金を背負うこともあり得るのです。

一方で、海外FX業者になってくるとゼロカットシステムというものが採用されていますので、入金していた金額以上の損失が出ることはありません。

最大レバレッジが25倍まで

日本国内FX業者だとレバレッジは最大でも25倍までとなっています。投資家を保護するためにレバレッジの規制が入ったのですが、これによってより稼ぎにくくなっている部分があります。

そもそも日本国内FX業者では追証がある時点で、投資家を保護することができていないのです。一方で、海外FX業者であれば追証もなく、最大レバレッジは日本国内FX業者の比にはならないほど大きいです。

取引ツール・プラットフォームがそれぞれで異なる

日本国内FX業者はそれぞれが取引ツール・プラットフォームを作っています。そのため、同じ取引ツール・プラットフォームを引き継ぐといったことができません。

しかも、それぞれの取引ツール・プラットフォームは使い方も違ってきますので、新しいところに鞍替えするたびにまた最初から使い方を覚える必要が出てくるのです。

海外FX業者のメリットとは?

先では日本国内FX業者のメリットとデメリットについてご紹介しましたが、今度は海外FX業者のメリットについて見ていきましょう。

ハイレバレッジが可能

海外FX業者の人気の秘密というのは、基本的に海外FX業者ならではのレバレッジの高さです。ハイレバレッジが可能であるという部分は、海外FX業者におけるもっとも大きなメリットといっても過言ではないでしょう。

日本国内の最大レバレッジは25倍と決められているのに対して、海外FX業者であれば規制はありません。何百倍というレバレッジはもはや当たり前のレベルですし、何千倍というレバレッジでさえも可能となっているのです。

ハイレバレッジによって資金が少なくともその資金が大きく化ける可能性も出てきますし、あまり利益が出ないトレードスタイルでも大きな利益を出せるようになるのです。スキャルピングなどがいい例です。

追証なしのゼロカットシステムで安心

先でも少し触れましたが、海外FX業者では追証がありません。追証なしのゼロカットシステムというものが採用されていますので、投資した金額以上の借金を背負うようなことはないのです。

FXで大きな借金を背負うことになったという話はよく見聞きするものですが、これは日本国内FX業者を使っていた方の話です。追証があるからこそ、そういうリスクが発生してくるのです。

海外FX業者であればそのリスクがないのです。莫大な借金から投資家を守ることにもつながりますし、何よりもFXをする上での精神的な負担をかなり軽減させてくれます。

ボーナスが豪華

日本国内FX業者にもボーナスはあるのですが、海外FX業者のボーナスというのは桁違いです。とにかくボーナスが豪華なのです。

日本国内FX業者でのボーナスを受け取ったことのある方であれば、海外FX業者の謳っているボーナスというのはにわかには信じられないでしょう。それくらいのレベルなのです。

ただ、だからこそそのボーナスが海外FX業者におけるメリットにもなってくるのです。

高性能な取引ツール・プラットフォームが用意されている

日本国内FX業者が提供している取引ツール・プラットフォームが高性能ではないというわけではないのですが、海外FX業者で定番の取引ツール・プラットフォームとなっているMT4というのはやはり高性能ということで有名です。世界的な規模で使われている取引ツール・プラットフォームでもあります。

世界的な規模で使われている高性能な取引ツール・プラットフォームが無料で使えるようになっているのです。これも大きなメリットとなってきます。

しかも、海外FX業者というのはだいたいMT4を採用しているものです。もちろん、ケースバイケースであるのですが、海外FX業者であれば仮に鞍替えするとなったとしても同じようにMT4が使えるということも多いのです。

MT4は高性能であるがゆえに、初心者には難しいという部分もあります。しかしながら、今は初心者でも先々では中級者や上級者となっていくでしょうから、いずれは必要となる心強い味方なのです。

むしろ、初心者のうちにこそ使いこなせるようになっておくべきでしょう。

NDD方式で透明性のある取引が可能

今でも日本人の方であれば、「海外のものは不安、日本のものは安心」と考えている部分があるのではないでしょうか?そのため、FXにおいても日本国内FX業者のほうが透明性のある取引ができ、海外FX業者では透明性のある取引はできないと思い込んでいる方も少なくありません。

そもそも「日本のものは安心」という神話が終わりつつあるのですが、それは一旦置いておきましょう。

少しややこしい話になってくるのですが、日本国内FX業者と海外FX業者では注文の決済方法が違ってきます。基本的に多くの日本国内FX業者がDD(ディーリングデスク)方式、海外FX業者がNDD(ノーディーリング)方式と呼ばれる取引システムを採用しているのです。

DD(ディーリングデスク)というのはFX業者のディーラーのことで、ディーラーを介すのがDD方式、ディーラーを介さないのがNDD方式となります。ディーラーがいることによって「この注文は通す」「この注文は通さない」といったことが発生してきますので、トレーダーにとって不利な決済が起こることもあります。

海外FX業者が採用しているNDD方式であれば、ディーラーが間に入らずに済みますので、そのまま自動的にインターバンクに注文が流れるようになります。トレーダーの注文がそのまま通ることになりますので、透明性が保たれるというわけです。

ちなみに、最近になってようやく日本国内FX業者でもNDD方式を採用するところが見られるようになってきました。

海外FX業者のデメリットとは?

続いては、海外FX業者のデメリットについて見ていきましょう。

スプレッドの面では日本国内FX業者に負ける

先では日本国内FX業者のメリットとしてスプレッドの狭さを挙げたのですが、やはり日本国内FX業者における大きなメリットとなるだけあって、スプレッドの面では海外FX業者は敵いません。特に、日本国内FX業者の中でも低いスプレッドを売りにしているところでは、それこそ比にならないでしょう。

ただ、だからといって海外FX業者もそれを眺めているだけではありません。最近では日本人トレーダーを意識している海外FX業者ほど、スプレッドに力を入れるようになっているのです。

今は海外FX業者においてはスプレッドがデメリットになっていますが、今後、そのデメリットもなくなってくる可能性があるのです。

中には悪質な海外FX業者もいる

これは海外FX業者に限ったことではないのですが、やはり中には悪質な海外FX業者もいます。ただ、悪質な海外FX業者であれば見分けるのはそう難しくありません。

今はインターネット上でいくらでも情報を調べられる時代なのですから、海外FX業者について調べようと思ったらいくらでも調べることができます。

突然日本から撤退する可能性がある

基本的に日本の金融庁は、海外FX業者のことをよく思っていないようです。そのため、金融庁は海外FX業者に対してかなりの締め付けをおこなっていると言われています。

実はこれまでにも海外FX業者が突然撤退するというケースがありました。それも一斉にです。

日本から撤退してしまった海外FX業者の中には、いわゆる優良な海外FX業者もいました。ただ、優良な海外FX業者でも日本の金融庁は容赦しないのです。

海外FX業者は日本から撤退する気がまったくなく、その海外FX業者を利用しているFXトレーダーも撤退してほしいなんて1ミリも思っていないというような状況でも、突然日本から撤退させられてしまう可能性があるのです。金融庁が海外FX業者のことを全面的に受け入れるようなことがない限り、このリスクは常につきまとうことになります。

出金に時間とお金がかかる

これは言うまでもないことなのですが、海外FX業者の出金は、海外銀行送金が一般的です。海外銀行送金の場合、出金手続き完了から着金まで数日かかりますし、それに加えて出金手数料として結構なお金がかかります。

これは海外FX業者ならではのデメリットとなってきますし、避けられないデメリットでもあります。

先入観を捨ててそれぞれのメリットとデメリットを理解すること

日本国内FX業者と海外FX業者、それぞれのメリットとデメリットについてお話しましたが、まずは先入観を捨てて、それぞれのメリットとデメリットを理解するようにしましょう。FXに関しては、本当に先入観を持っている方が多いのです。

日本国内FX業者に対しての先入観、海外FX業者に対しての先入観……どちらにしても、先入観があるとそれぞれを正しく理解することができません。先入観のせいで選択肢となり得るものを避けてしまうのは、本当にもったいないことです。

大切なのは日本国内FX業者と海外FX業者、それぞれのメリットとデメリットを理解した上で、どちらが自分のスタイルに合っているかを考えることです。日本国内FX業者は嫌だという方でもスタイル的には日本国内FX業者が合っているかもしれませんし、逆に海外FX業者は嫌だという方でもスタイル的には海外FX業者が合っているかもしれません。

同じFXをするにしても、日本国内FX業者を選ぶのと海外FX業者を選ぶのとでは結果がまったく違ってきます。もちろん、そこで抱えることになるリスクも違ってきます。

だからこそ、先入観なしに正しく理解することが大切なのです。

まとめ

日本国内FX業者と海外FX業者におけるそれぞれのメリットとデメリットについてご紹介しました。もうおわかりかと思いますが、日本国内FX業者と海外FX業者はそれぞれのメリットとデメリットが裏返しのような状態になっています。

要は、日本国内FX業者にあるものが海外FX業者にはないし、逆に日本国内FX業者にないものが海外FX業者にはあるという感じなのです。それぞれのメリットとデメリットについて正しく理解した上で、自分のスタイルに合ったほうを選ぶようにしましょう。

もちろん、自分が納得できるかどうかという部分も大切です。