海外FX

与沢翼さんのFX手法は海外FXを使ったスキャルパー

秒で億を稼ぐ男として一躍有名になった与沢翼さんについては、ご存知の方も多いでしょう。憧れていた方もいれば、逆に妬ましく思っていたという方もいるかもしれませんね。

そんな与沢翼さんなのですが、これまでに何度も大きな失敗をしています。しかしながら、その失敗を乗り越えて、今では完全復活を遂げています。

基本的にお金を稼ぐ才能がある方だとは思うのですが、実は最近になって与沢翼さんのFX手法が注目を集めています。簡単に言ってしまうと、与沢翼さんのFX手法というのは海外FXを使ったスキャルパーです。

ここでは、与沢翼さんのFX手法である海外FXを使ったスキャルパーについてご紹介していきたいと思います。

与沢翼さんは海外FXを使っている!

与沢翼さんがFXをおこなっていると聞いて、まずどこのFX業者を使っているのかが気になったという方も多いでしょう。実際に、与沢翼さんが稼いでいるのであれば、同じFX業者を使いたいと思ってしまうものです。

FX業者には、以下の2つが挙げられます。

・日本国内FX業者
・海外FX業者

結論から言ってしまうと、与沢翼さんが使っているのは海外FX業者になります。海外FX業者にもいろいろなものがあるのですが、その中でも与沢翼さんはXMを使っていることで有名です。

与沢翼さんが使っている海外FX業者XMとは?

与沢翼さんが使っている海外FX業者はXMなのですが、XMは海外FX業者としてはかなり有名なところになります。2009年に運営をスタートし、2018年の時点ですでに新規口座開設数が100万人を突破しているのです。

FX業界においては新しい業者が出てきては消え……ということが多いのですが、XMは長くサービスを提供し続けています。かなりの規模になっているので、今さら突然消えるということもないでしょう。

あの与沢翼さんが数ある海外FX業者の中から選んでいるXMなのですから、XMならではのメリットや魅力があるはずです。与沢翼さんが発信している情報にマッチするXMならではのメリットや魅力は以下の2点でしょう。

・約定スピードが速い
・最大レバレッジが888倍

約定スピードが速い

これは海外FX業者に限ったことではないのですが、FXにおいては約定スピードが重要なポイントとなってきます。基本的に日本国内FX業者でも海外FX業者でもFXをおこなう際には、注文したり決済したりするのに大なり小なりのラグが生じることになります。

動きの激しい相場の場合、自分が注文したいと思ったその瞬間に注文したとしてもリクォートやスリッページが発生することもあります。そのため、自分としてはここぞと思ったタイミングでも不利なポジションを持つことになったり、損な決済をしてしまったりすることが出てくるのです。

しかしながら、与沢翼さんが使っているXMであれば、約定スピードがとにかく速いのです。実際に、これはXMのメリットとしてもよく挙げられる部分です。

約定力は100%で、すべての注文の99.35%が1秒以内に執行されるという圧倒的な速さです。そのため、XMであれば通常のFX業者では発生してしまうようなスリッページやリクォートが発生しにくくなり、その結果、自分の満足できるようなトレードをしやすくなるのです。

実際にXMを利用してトレードをしているという方は与沢翼さん以外にもたくさんいるのですが、成行注文や成り行き決済もサクサクできる、スリッページなどもほとんど感じたことがないといった声が目立ちます。これはXMがノンディーリングデスク方式、いわゆるNDD方式を採用しているからです。

最大レバレッジが888倍

レバレッジの高さはXMの特徴としてよく挙げられる部分で、実際にXMのほうもかなりプッシュしている部分になります。XMのレバレッジは最大888倍で、業界トップクラスの高さです。

追証なしのゼロカットシステムというものを導入しているとは言っても、保有している資金を一瞬のうちに失う可能性もあります。持っている以上の額のマイナスになるようなことはありませんが、口座残高はゼロにリセットされるリスクがあるのです。

XMのレバレッジ最大888倍というのは、夢がある分、リスクもあるのです。大きな損をする可能性もあるからこそ、逆に大きな利益を生む可能性もあるのです。

基本的に与沢翼さんはFXにおいてリスクを積極的に取ることを重視していますので、XMはまさに与沢翼さんのFX手法にマッチしているのです。多くの方がリスクは回避すべきと考えるものですが、与沢翼さんはその逆をいき、実際にFXで莫大な利益を生み出しているのです。

与沢翼さんはスキャルパー!

与沢翼さんはスキャルパーです。FXには以下の4つのトレードスタイルがあります。

トレードスタイル

・スキャルピング
・デイトレード
・スイングトレード
・長期トレード

この4つのうち、与沢翼さんはスキャルピングをおこなっているスキャルパーなのです。スキャルピングは取引時間が数秒から数分と短く、1日に100回以上と取引回数もかなり多い傾向にあります。

さらに、スキャルピングの特徴というのは以下の3点になります。

・もっとも早く利益が出る
・利益額が少ない分、損失額も少ない
・初心者には難しい

スキャルピングにおけるそれぞれの特徴について詳しくみていきましょう。

もっとも早く利益が出る

先でもお話しましたようにスキャルピングは取引時間が短く、取引回数が多いトレードスタイルになります。その分、利益が出るスピードも早くなります。

基本的にスキャルピングでは小さな利幅を狙っていくことになるのですが、回数をこなして確実に利益を増やしていくという流れになります。逆に、スキャルピングで取引回数が少なくなると、もともと1回あたりの利益が少ないので他のトレードスタイルと比べても稼ぎにくくなってしまいます。

一気にボンと攻めていくのではなく、チマチマと積み上げていくイメージです。厳密に言うと違うかもしれませんが、感覚としては薄利多売の商売に似ていると言えるかもしれません。

利益額が少ない分、損失額も少ない

先でも触れましたが、スキャルピングでは1回あたりの利益が少ないです。利益額が少ない分、損失額も少なく済むという側面もあります。

というのも、もし相場が予想と逆に動いてしまったとしても、取れる利幅や損切りの幅は必然的に小さくなってしまうからです。相場環境が大きく変わったときには、損切りをおこなってすぐにポジションを手放すことによって、損失を最小限に抑えることもできるのです。

利益額が少ないという部分はスキャルピングのデメリットにもなってくるのですが、そのデメリットがあるからこそ損失額も少なくて済むというメリットが出てくるのです。

初心者には難しい

スキャルピングのトレードスタイルを知ると初心者にでも簡単にできそうに思えるかもしれませんが、一般的には初心者には難しい手法として知られています。というのも、スキャルピングでは短期間で相場分析や売買判断をしなければならないからです。

短期間で回数をこなすトレードスタイルだからこそ、スキャルピングのチャンスというのは次々とやってきます。そのチャンスを確実につかむためには、素早く分析し、判断をおこなっていく必要があるのです。

そのため、相場に慣れていない初心者にはハードルが高いのです。与沢翼さんはもともとのセンスがあったのかもしれませんが、それ以上に勉強をしているからこそスキャルピングで成功しているのでしょう。

海外FX業者とスキャルピングは相性がいい!

海外FX業者とスキャルピングについてお話しましたが、与沢翼さんは海外FX業者とスキャルピングを組み合わせてFXで稼いでいます。なぜこの組み合わせなのか疑問に思っている方も多いでしょうが、その答えはとてもシンプルです。

というのも、海外FX業者とスキャルピングは相性がいいのです。今度はその理由について触れていきましょう。

ハイレバレッジなので少額でも大きく稼げる可能性がある

海外FX業者と日本国内FX業者においては、レバレッジに大きな違いがあります。日本国内FX業者におけるレバレッジは最大で25倍に規制されているのですが、海外FX業者であればレバレッジに規制はありません。

だからこそ、与沢翼さんが選んでいるXMでは最大で888倍ものレバレッジが可能となっているのです。ハイレバレッジによる取引であれば、スキャルピングのような小さな利益の積み重ねであっても、それが結果的に大きな利益につながります。

スキャルピングでは利益額が少ないという部分がデメリットにもなってくるのですが、そこにハイレバレッジの海外FX業者を組み合わせることによってスキャルピングの利益額の少なさをカバーすることができるのです。もちろん、与沢翼さんもそれをわかって海外FX業者でスキャルピングをおこなっているはずです。

ゼロカットシステムでローリスクに

日本国内FX業者を利用する場合、追証というものを意識する必要があります。追証というのは資金以上の損失が出た際に追加で求められる保証金、いわゆる追加保証金のことを指します。

日本国内FX業者では一般的なものなのですが、海外FX業者では導入していないところがほとんどです。というのも、海外FX業者ではゼロカットシステムが採用されているのです。

ゼロカットシステムというのは、残高がマイナスでロスカットされた場合においても、FX業者がFXトレーダーの代わりに追証を肩代わりしてくれるというものです。つまり、マイナスになった残高はゼロになるので、入金した金額以上の損失が出ることはないのです。

ハイレバレッジな海外FX業者を利用していると、やはり失敗したときのリスクも大きくなります。ただ、このゼロカットシステムがあることによって、損失は口座残高内のみで抑えることができるのです。

海外FX業者でスキャルピングをするメリットとデメリット

では、海外FX業者でスキャルピングをするメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

メリットとしては資金効率がいいという部分が挙げられます。手元にある資金が少ない状態でも、細かな売買の繰り返しで大きな利益を手にすることも可能なのです。

また、急な変動があっても大きな損失が出にくいという部分もメリットになるでしょう。チャートの変動に対してすぐにアクションを起こすことができますし、そもそもポジション保有時間がとても短く、ロスカットのリスクはかなり低いのです。

そして、自分の都合で取引ができるという部分も魅力です。基本的にスキャルピングは1日に1時間から2時間ほどの取引で利益が出せるのです。

取引中の集中力やタイミングが重要になってくるという部分が挙げられます。安定した回線環境下でのトレードが大前提になってきますし、集中できるような環境の中で正確な判断ができるだけの知識が求められます。

与沢翼さんはそれだけの環境を整えているでしょうし、常に勉強をし続けていますので知識の面でも十分なのでしょう。

また、1回の利幅が小さいという部分もデメリットになってくるでしょう。そのため、数をこなす必要があるのです。

数をこなすと言葉にするのは簡単ですが、数をこなせばリスクも大きくなってきます。それでも日本国内FX業者でスキャルピングをするよりは、やはり相性のいい海外FX業者でスキャルピングをするほうが夢はあるのです。

まとめ

与沢翼さんは海外FX業者を使ったスキャルピングをおこなって大きな儲けを出しています。FX業者にもいろいろなものがありますし、スキャルピング以外にもトレードスタイルはあるのにも関わらず、海外FX業者でスキャルピングという選択をしているのです。

そこにはやはり海外FX業者とスキャルピングとの相性のよさが隠されていました。もちろん、海外FX業者でスキャルピングをおこなえば誰もが与沢翼さんのように稼げるというわけではありません。

それでも与沢翼さんのように勉強をしていけば、大きな資産を築くことができるかもしれないのです。